« 6月22日(月)2009 | メイン | 6月23日(火)2009 »

2009年6月22日 (月)

Justin Timberlake "Losing My Way"

6月17日(水)のPoetry In Motionはジャスティン・ティンバーレイク
06年のアルバム『Future Sex Love Sounds』から"Losing My Way"
という曲の歌詞にスポットを当てましたshineflair

この曲は、一人の男が人生の階段を踏み外してしまった苦悩が
歌われています。物語の始まりは彼の自己紹介からスタートします。

『Hi my name is Bob and I work at my job
I make forty-somethin' dollars a day
I used to be the man in my home town
Until I started to lose my way
It all goes back to when I dropped out of school
Having fun I was living my life
But now I got a problem with that little white rock
See I can't put down the pipe』

『やあ 僕の名前はボブ 仕事をして
1日40数ドル稼いでる
以前は故郷に暮らしてたんだけど
進むべき道が分からなくなってきちゃってね
そもそもは学校をドロップアウトしたことが原因なんだ
人生を面白おかしく暮らしていたんだけど
今やあのささやかな白い塊に関して問題を抱えているのさ
そうなんだ 一服をやめることができないんだ』

絶対に犯していけない誘惑に負けてしまった彼。
彼は気付かなかったのです。この白い塊がどう彼の運命を
左右していくかを・・・。

『Now you gotta understand I was a family man
And I would have done anything for my own
But I couldn't get a grip on my new found itch
So I ended up all alone
And the craziest thing is I'll probably never know
The color of my daughter'S eyes』

『わかってほしいのは 僕が良き父親だったってこと
家族のために何をするのもいとわなかった
だけど新しく見つけた渇望をうまくコントロールできなかった
だから最終的にひとりぼっちになってしまった
いちばんクレイジーなのは たぶん僕が今後も決して
自分の娘の瞳の色を知らないままだろうということ』

彼の話を聞いていると彼が特別な人物ではなく、
普通の生活を送っていた一人の男だったことを思い知らされます。
彼は自らの幸せをドラッグという気休めを選んだことによって
手放してしまったのです。彼はこう嘆きます。

『Can anybody out there hear me
Cause I can't seem to hear myself
Can anybody out there see me
Cause I can't seem to see myself
There's gotta be a Heaven somewhere
Can you save me from this Hell
Can anybody out there feel me
Cause I can't seem to feel myself
Losing my way
Keep losing my way』

『そこにいる誰か 僕の声が聞こえるかい?
だって自分の声が聞こえない気がするんだ
そこにいる誰か 僕が見えるかい?
だって自分の姿が見えない気がするんだ
どこかに天国があるに違いない
僕をこの地獄から救ってくれるかい?
そこにいる誰か 僕を感じられるかい?
だって自分自身が感じられない気がするんだ
道に迷って
ずっと途方に暮れてるんだ』

苦しみ、一人ぼっちになった時、そこからどう再起の道を歩むのか・・・
そこにドラマがあるち私は思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396284/20283873

Justin Timberlake "Losing My Way" を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近の写真