« September 11th (Tue.) | メイン | September 12th (Wed.) »

2007年9月12日 (水)

与えるとは。

茶渋のついたマグカップを漂白剤を使って
真っ白に洗い上げる事が心のプチデトックスに
なっているアンナです。

「マザーテレサ」という映画を観ました。
今年に入って77本目の映画です。





生涯をインド・カルカッタの貧しい人々に捧げた
マザー・テレサ。彼女の物語を「ロミオ&ジュリエット」(68年)
で美しいジュリエットを演じたオリビア・ハッセーが
演じています。
彼女は20年以上もマザー・テレサを演じたいと
思っていたそうです。
それが、ある日突然イタリアから電話が来て、
“マザー・テレサの役を演じてみないかい?”と
オファーが舞い込んできたそう。

“20年かかったけど夢は持ち続ければ叶うものよ。”
とインタビューでオリビアが話していた言葉に
私の10年越しのHansonインタビューを思い出して
“その通りだ。”と共感しちゃいました。
(ちょっと違う?笑。でも、本当にそう信じてます。)

作品自体は実に淡々と描かれていたように感じて
少し残念に思ったけど、それは彼女の思いや功績を
忠実に伝える為だったのかもしれない。

もっと、私はマザー・テレサの人間的な面を
見たかったなぁ。

彼女自身、カルカッタの街に出て一人ぼっちで
まったく資金もなく活動を始めた時は日記に
不安な気持ちや、元の生活に戻る誘惑に駆られた
という文章を残していたそう。

でも、人々の現実に密着した生活を送る事で
より貧しく、孤独を抱えた人々の心を理解できた部分も
あったのだと思う。

何よりも彼女が人々に与えた無償の愛に
ただただ頭が下がる思いでいっぱいになる。
彼女の与える無償の愛は母の愛にも通じるものが
あるように感じる。

映画の中でも、会社や組織を作ってもっと
効率的に(ビジネス的に)活動していこうと
提案するシーンがあるけど、マザー・テレサは
これに対してあまり気が進まなかったよう。

「もっと、シンプルな活動をしたい。」

彼女の活動は貧困等の根本的な問題の解決には
繋がらないと批判するメディアもいたみたいだけど、
ただただ、目の前にいる人を救いたいという考えは
女性ならではの「母的」な愛を感じる。

あと、映画の中でローマを訪れたマザー・テレサは
こう話します。

「都会の人々はカルカッタにいる人々よりも、
さらに深刻な物を欲している。それは愛。」

私はこの言葉に悲しくなりました。

話は変わりますがclub

今日の"Asian Cycle"(14時台)はゲストに
朝の番組 "Daily Tips"のタガログ語を担当されている
フィリピン出身のイアンさんをゲストにお迎えしました。

初めて(ちゃんと)お会いしてお話したのですが、
本当に温かくてエネルギッシュな女性。
一緒にお話できてとてもに嬉しかったですsmile

そんな彼女は人相や、オーラを見る事ができる
そうなんです。イアンさんから一言・・・

「人が良すぎるから騙されやすい。すこし疑いの目を
持ったほうがいいかも。」

と注意を受けました。これには会ってすぐ
言われたのでビックリ!・・・気をつけますshock

でも、素敵な笑顔で私の手を取り、

“そのままのアンナでいてね。”

って言われた時は何だか涙が滲みました。
ぐっと、こらえましたけど。
イアンさん、サラマポー!(ありがとございました。)


Anna



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396284/18198882

与えるとは。を参照しているブログ:

コメント

アンナちゃん、いつも楽しい放送をありがとうございます。以前、美輪明宏さんが「人は誰かに与えようとすると泉のように涌いてくるもの」とコメントされていたのを、アンナちゃんのブログを読みながら思い出しました・・・。自分の大切な人がただ笑顔で健康でいてくれれば、見返り無く何より嬉しいですよね。世界中の誰もが、誰かの大切な人だと思うので、世の中の様々な問題に鈍感にならず、誰に対しても分け隔てなく、お互いを尊重していくことが平和への第一歩だと考える今日この頃です。私もマザーテレサの映画を観てみようと思います。

こんばんは。とてもぐっとくる記事でした。マザーテレサは私は本で読みましたが、その時生きていた時代の母だという印象を持っています。確かに映画という限られた時間の中で現実に忠実にさらに心情まで映画としてのおもしろさを描写するまで内容をてんこもりにするのも難しいものだと思います。これは実在の人物だからこそだと思うし(原作があるものにもつきまとう問題ですよね)それでも映画だからこそマザーの心情を期待したアンナさんの気持ちが痛いほどわかります。私も映画や作品を見るときに一番観たい部分はそこなので。とても共感です。私も愛っていうか、人情みたいな物を求めてしまうんですよ。ちょっとかっこ悪くてもいいから、人情・思いやりが第一でありたいものですね。アンナさんは、人のよさが見た目にも声にもにじみ出ています。ほらっ、感想にも出てきてます(笑)実際お会いしたイアンさんにはそれがおもいっきし伝わったんでしょうね。アンナさんはアンナさんが思っている以上におもいやりのある人だと思いますよ!私はアンナさんのラジオ聞いて、そういう部分勉強になってるんで!そういうイイ所はそのまんまのアンナさんでいてくださいね・♪

コメントを投稿

最近の写真