« April 26th (Thu.) | メイン | Party Design »

2007年4月27日 (金)

April 27th (Fri.)

今日は金曜日スペシャルエディション。いつも以上に内容盛りだくさんでお届けします。

今日のテーマは「旅の恥はかきすて体験」。coldsweats02今だから言える失敗談を暴露して下さい。明日から旅に出る人、是非同じ轍を踏まないよう、参考にしてね。

13時台のゲストはジャズピアニストの塩谷哲さん。塩谷さんへの質問やメッセージも受け付けます。sign01

そして、毎時間終盤にお届けしているサウンドインテリア、今日は「歌う俳優」特集。あなたのリクエストもお待ちしています。mailto

さらに、今日は話題の映画「バベル」の劇場鑑賞券を1組のペアにプレゼント。応募方法は番組のどこかで発表しますので、お聞きの逃しなく!!


(左)塩谷哲さん
(右)ANNA











★☆Poetry In Motion☆★

金曜日はプレゼントしたい1曲。
今日は2001年のアルバム "Reptile" から Eric Clapton
の "Believe In Life" を取り上げました。

<紹介した歌詞の一部>

When the world will see the light
At the beginning of the day
You will hear me call your name
Cause I love you more than light
And it will always be this way
As long as I believe in life

When the morning comes too soon
And I am still without your love
You will hear me call your name
Cause I love you more than life
And it will always be this way
As long as I believe in life

When the day is almost done
And there is nothing left to say
You will hear me call your name
Cause I love you more than life
And it will always be this way
As long as I believe in life

<訳>

一日の始まりに
世の中が明かりを見る時
僕が君の名前をよぶのを聞くだろう
僕は明かりよりも君を愛している
そしてずっとこのままでいるよ
人生を信じている限り

朝の訪れが早すぎて
まだ君の愛がない僕
僕が君の名前を呼ぶのを聞くだろう
僕は命よりも君を愛している
そしてずっとこのままでいるよ
人生を信じている限り

一日が終わろうとして
何もいう事がなくなった時
僕が君の名前呼ぶのを聞くだろう
僕は命よりも君を愛している
そしてずっとこのままでいるよ
人生を信じている限り

☆★☆

私はこの曲の歌詞から夫婦愛を連想します。
恋人から、夫婦となり、2人でいる時間が長くなると
空気のような当たり前の存在になってしまう・・・
なんて話も聞きますが、長年連れ添ったからこそ
2人の間にある絆。生活の根底に流れる愛。
長い時間を共有したからこそ、こんな愛の言葉が
言えるのかもしれませんね。

思いが重なったあなた!是非、その思いを伝えたい人に
この曲をプレゼントしてみては?




トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/396284/18198304

April 27th (Fri.)を参照しているブログ:

コメント

6年前って時効ですか!?オーランドのINNで消防車を呼びそうになりました。旦那は仕事から、私と妹と当時6ヶ月の娘は夢の王国から戻って来てくつろいでいたところ、いきなり火災報知器が鳴り響くではありませんか。原因は部屋のキッチンにあった電子レンジ。旦那がスパイシーソーセージを入れて、調理時間を間違えたのに気がつかずにスイッチ「ポン」で放置していたのです。ソーセージは焦げ焦げになり、電子レンジから溢れた白い煙に、煙探知機が反応したのです。このまま鳴り響き続けたら消防車が来てしまう(自動で通報されちゃうらしい)!煙探知機の周りを素振りの如くバスタオルで扇ぎ、煙を雲散させて切り抜けました!その後はキッチンだけでなくベッドルームまで焦げたスパイシーソーセージの匂いが。フロントには何も言わずにチェックアウトしてしまいました、ごめんなさい!

十年位前、岡山県倉敷市に遊びに行った時、タクシーに乗り、運転手さんに「有名な大仏の所に行きたいんですけど」と、伝えると「ん〜、どこの事?わからないよ」だって。「え!あんなに有名なのに知らないの?」と言い返し、続けて出た自分の言葉にビックリ!「鎌倉って言ったら大仏が有名だと思ったのに…」運転手さんはニコニコ笑いながら「うん、それなら知ってる。遠いよ」あ〜恥ずかしい。そこまでのタクシー代が多分足りないと謝ってタクシーを降りました。ゴメンナサ〜イ

今年に入り、母親と姉、3人でタイに行ってきました☆そのホテルでの事…夜寝るときに、母親のベッドのシーツの中に、何故か使用済みのシップが!しかも二枚!こりゃ、翌日フロントに言いにいこう!と思い、翌朝行きましたよ張り切って。でも3人とも英語は喋れない…どうやって伝えよう…まずは私が、「えくすきゅ〜ずみ〜…どぅ〜ゆ〜はぶ…ジャパニーズスタッフ?」残念ながら今はいないとの事。うむむと悩みながら、3人で力を合わせ言ってみることに!私「ぇ〜…シーツ イン ザ ガルビッチ」ホテル「パードン?」出た恐怖のパードン次は母親「おぅ!アウチ!アウチ!(湿布を貼るふりをしながら)シップ イン ザ シーツ」しかも超笑顔(笑)何で船がシーツの中にあるんよ〜!と大爆笑しながら、諦めました。ホテルのスタッフも困り顔(^^;)絶対後から笑ったはず(笑)英語は大切ですね〜♪勉強しなきゃ!ぶふっ

その間うちの姉が黙ってる訳もなく、ずっと架空の湿布を臭うふりして「バットスメル!バットスメル!」(臭そうな顔して)連呼してましたよ(笑)思い出してもバリうける(笑)

くらんべりぃさん、爆笑!最高です(笑)そのごめんなさい、という気持ちで十分。・・だって!そんなに必死で消す努力したんでしょ(笑)?あ〜笑わせてもらいました。

TOMBOYさん湿布って、英語で何て言うんでしょ? 「サロンパス」じゃダメだし(笑)

コメントを投稿

最近の写真